外道の独り言 7

1神も仏も名無しさん2017-04-07 15:45:39

 まず最初に断わっておきますが、「ここは誰もが好き勝手に書き込んで良い」

というスレではありません。 このスレの趣旨は、仏教に関する様々な論点に

関して、私が私見、疑問点等を提示いたします。まさに、「外道がぶつぶつと

独り言を書き散らしているスレ」だと思ってくれて構いません。

勿論、それに対して異論、反論、疑義等は排除するものではありませんが、

極めて恣意性の強いスレであることを了解願います。

上げておりますのは、別段大勢の人たちに来てほしいからではなく、

(むしろその逆で過疎って欲しいくらいですw) 「真摯なる碩学」が、私の

書き込みを目に留め、その瑕疵を指摘してくれることを望むが故です。

自由に好きな相手と対論したいと思う人は、このスレを覗かずに他スレに移動

してください。

昨今、スレ立てが大変困難であり、好き勝手にスレを消費されことは大変迷惑

なのです。

前スレ

hhttp://rio2016.2ch.net/test/read.cgi/psy/1474820531/

ログ保管庫

hhttp://houjugusya.web.fc2.com/link.html

568栄進2017-08-24 13:41:41

>>1

>>自由に好きな相手と対論したいと思う人は、このスレを覗かずに他スレに移動してください。

あかん、ここはパーピマンと対話するスレや。

他人と会話してスレを消費したら怒られる。

ごめんねパーピー(´・ω・`)

でも最近の悟りスレは居心地悪いんや。

ここがええ。

823神も仏も名無しさん2017-09-06 18:16:58

>何か、「自分は真理を了解してる菩薩」 臭は、なんとも鼻につくんだがww

参照w

8神も仏も名無しさん2017/09/06(水) 02:27:11.76ID:6Ts8S3xN>>13

>>964

あのさぁ、そういうインチキはもう止めろや?

公案はなぁ、ある程度進んだ修行者が覚悟を決めて、師家の元に独参し、三拝低頭して始めて「頂く」もんなんだよ?

お前みたいな参禅経験が無いどころか、2ちゃんねるで悟りを嘯く糞野郎が、軽々しく「無に参ぜよ」とかそんなチャラいお遊び宗教ごっこじゃねーんだよ?

禅宗舐めんなや?

この糞掻き箆に貼り付いた乾燥蛆虫の糞がwww

11ジャンキー大山2017/09/06(水) 08:28:10.29ID:vi+h5Rvq>>13

ポタ公や?

お前はやはり “真性ぶぁーか” だのうwww

その>>1の公案は呼吸器官を停止させて臨死体験をさせる公案じゃねーぞなwwwwwwww

いくら釈迦や達磨でも呼吸器官を塞いだら死んじまうわw

却と塞じゃ全然意味が違うわ、ぶぁーかw

198神も仏も名無しさん2017-05-31 02:34:27

197の身受心法念処観とは一般的に四念処と呼ばれる瞑想の事を言います

勝手な思考などを当てにしないで、

身は不浄であると観じ、受は苦であると観じ、心は無常であると観じ、法は無我であると観ずる

これが四念処瞑想となります

参考までに

199パーピマン2017-05-31 04:10:20

>>197 >>198

え〜〜〜〜とですなw

釈尊伝の正誤の研究は、各類本の比較研究により、進めていかねばならないと思うが

そのあたりはオレは別に仏教学者ではないんで、詳しくは知らんw

だが、其の部分・・・

その四念処の部分は、漢訳「白法祖本」に欠けているから、後世の付加という説が

有力なんだがw

(中村元氏、及び、奈良康明氏 の説)

よって、ストレートにそれを自燈明法灯明に直結させるのは、疑問符がつくわけさww

202神も仏も名無しさん2017-06-01 13:15:13

おい!

自爆轟沈・三毒ヘタレのかかし丸!

>それともビビってるのか?

>マヂで訪ねるからちゃんと教えろ

さぁ!

場所は教えた通りだ!

早よせいや?

いつ行くんだ?

行く日を宣言しろや?

317おじゃる? ◆Ozyaruuowd4U 2017-06-06 19:03:49

>諸相のところで見るのと、非相のところで見るのとがある。

↓関係あるのかしらん?↑

有為法

仮設としての

無明に依存して

因と縁の双方の縁起に依存して

現れ滅して変化している

現象している世界

無為法

無明から解脱した世界

縁起したものを離れた世界

死ぬことも、生まれることもない

それこそが苦しみの終わりである m(_ _)m

318神も仏も名無しさん2017-06-06 19:28:36

>>317

では、このようにしましょう。

有為を見る。無為を見る。有為を見ない。無為を見ない。

これだと、どのように説明しますか。

320ジャンキー大山2017-06-06 19:44:06

>>318

横からごめんw

俺はそうした時テトラレンマを使ってる。

んで、その結論も戯論とw

319ジャンキー大山2017-06-06 19:37:33

元さんの『龍樹』(講談社学術文庫/37刷)P301にこの句(若見諸相非相、即見如来)の解釈があった。

それとは別に、法眼禅師の「即不見如来」、成る程、これが祖師禅だな。

賊気というかw

321神も仏も名無しさん2017-06-06 19:59:43

>>319

気になるじゃないですか。さわりちょっと教えてください。

>>320

道元さんなら、道(い)い得るというでしょうw

325ジャンキー大山2017-06-06 21:28:57

>>321

2.ナーガルジュナの思想

8否定の論理の実践

2ブッダ

ナーガルジュナが『中論』において述べているブッダ論は、異色のものである(中略)

「如来は本体の無いものである」(中略)

「戯論(形而上学的考察)を超絶し不壊なる仏をいろいろと戯論する人々は、

すべて戯論に害せられていて、如来を見ない」(中略)

つまり仮現であるというのである。(中略)

では真実のブッダとは何であるか。

それはわれわれの経験している世界にほかならない。

以下略

ってな感じ。

326神も仏も名無しさん2017-06-06 21:39:33

>>325

ありがとうございます。

竜樹の言葉は、身も蓋もないですねw

330ジャンキー大山2017-06-06 22:06:28

>>326

有部の人から見ればクラッシャーみたいなもんだねw

337神も仏も名無しさん2017-06-07 07:22:12

雪峰禅師があるとき、大衆にこう示された。

このことを会得されたのなら、それは私がここにもっているもの一面の古鏡とそっくりだ。

そこには、インド人が来ればインド人が現れ、中国人があらわれるのだよ。

そのとき、玄沙が出てきて、こう質問した。

もしもふっと明鏡に出会ったなら、どうでしょうか。

師は答えた

インド人も中国人も隠れてしまうよ。

玄沙がいう。

わたしはそうではありませんがね。

雪峰がいう。

では、君はどうなんだ?

玄沙がいう。

どうか和尚さん、私に聞いてください。

雪峰がいう。

ふっと明鏡が出てきて、それに出会ったら、どうなの。

玄沙がいう。

木端微塵です!

339ジャンキー大山2017-06-07 16:51:49

>>337

鏡も砕け散るなら細かく砕け散らないといけないんだろうね。

砕けた鏡の破片は習気として残る。

340神も仏も名無しさん2017-06-07 17:38:40

>>339

>鏡も砕け散るなら細かく砕け散らないといけないんだろうね。

>砕けた鏡の破片は習気として残る。

ふっと、燃えよドラゴンを思い出しました。

343神も仏も名無しさん2017-06-09 01:11:24

身心学道から、心を学ぶのまとめ。

ここでいう心は人の主観を作り上げるものを指すだけでなく、

山河大地、日月星辰、これ心なりという言葉に集約されるように、実は客観的存在も心である。

あらゆる角度から仏道を究明することが、心を学ぶということなのである。

発菩提心をとりあげている。

時節を選ばず、分別的な一切の条件づけを超えて自ずと発現する。

その時、全存在をかけて、発菩提心が発現する。

344神も仏も名無しさん2017-06-09 04:49:04

>>343

主観も客観もないわけですね

それが1つの円を描いている心なのかな

その中に種々の無常な動きがあるけど、その中と言っても、その中の動きと、その心が別にあるわけではない

それが木っ端微塵になったら、えらいことになりそうだけどなあ

まあ瞬間的に消えるのはありそうやね

345神も仏も名無しさん2017-06-09 19:30:42

>>344

>それが木っ端微塵になったら、えらいことになりそうだけどなあ

それとはなんですか。

>>ふっと明鏡が出てきて、それに出会ったら、どうなの。

>>インド人も中国人も隠れてしまうよ。

玄沙がいう。

木端微塵です!

道元が評する。

この漢人は、単なる漢人ではないから、漢人として現れるのである。

つぎに、胡人も漢人も共に隠れるとは、つまり鏡が自ずから隠れるのである。

玄沙の表現である、粉々に砕けるとは、その表現は全てこのように表現されるものではあるが、

すこしに突っ込んでみよう、粉々に砕けたものを私に返してくれと、汝はどのように明鏡を返してくれるのだと

正法眼藏古鏡第十九

にて、最後の方で、南嶽磨伝を引用して、

鏡を磨いて鏡とし、かわらを磨いてかわらとする、ということがある。

磨いてできないことも、できることもあるが、磨くほかないのだ。

(それらは、みな)仏祖の受け継いできた家業なのだ。

おなじく佛の家業なり!

349神も仏も名無しさん2017-06-10 00:10:09

>>345

自分自身ですよ

346神も仏も名無しさん2017-06-09 19:52:35

道元には、無常と仏性の間には、少しの相違も隙間もない。

無常なるものが無常であることが、それ自体、仏性の表れにほかならない。

それゆえにまた、一般に仏教の究極の目標とされるさとりや涅槃も、無常であるから仏性であり、仏性であるから無常である。

鏡を磨いて鏡とし、かわらを磨いてかわらとする、ということがある。

磨いてできないことも、できることもあるが、磨くほかないのだ。

(それらは、みな)仏祖の受け継いできた家業なのだ。

350神も仏も名無しさん2017-06-10 00:16:45

>>346

鏡が古くても明るくても、鏡としてそこにあるわけだけど木っ端微塵となると、その鏡なんてものは、つまり、そのような認識は、いらんとゆーことになりませんかw

すると何も得るものがない

つまり意味ないやんという気がしてしまうのですよ

無常に消えることが救いなのかもなあとも

たぶんそこか

なんかでも引っかかるのが磨き足らんことなのかもしれんね

351神も仏も名無しさん2017-06-10 03:35:39

>>349

自分という分別を木端微塵なんですね。

しかし、道元は、粉々に砕けたものを私に返してくれと、汝はどのように明鏡を返してくれるのだと。と突っ込んでますね。

>>350

>無常に消えることが救いなのかもなあとも

ありのままにある。そのありようが、真実のそのものの現れである。

若諸法実相見 即見如来。

道元は自己を忘れ、万法に証されること、万法のあり方が、自己のあり方となることであると説く。

分別し作為する自己を徹底して離れていくところに、かえって真の自己が確立することを主張する。

>なんかでも引っかかるのが磨き足らんことなのかもしれんね

ハイ、仏の家業ですw

461神も仏も名無しさん2017-07-23 18:50:59

sate

ageついでに呟いてみるか・・・

(精霊の方の)大王は、

「禅」の、≪異端且つ正統≫という分析について、実際のとこ、どう反応するかね・・w

ちなみに、若手の某管長は、上記≪≫内を自覚した上で、

その方向を踏襲するスタンスを目指すようだが・・・。

462神も仏も名無しさん2017-07-23 18:55:39

>>461

現実を喪失奴が、禅で異端。

現実喪失した馬鹿を自覚させようと老婆心出してんだがなw

473神も仏も名無しさん2017-07-23 20:58:09

一人の覚者:999人の野狐

2500年前のインド以来、

ここも、変わらぬ真理かもな・・・

>>462

お前、やっぱ野狐だな・・・ 

474パーピマン2017-07-23 21:22:36

>>473 wwwwwwwwww

解脱への最良の方法は、「年をとること」 かもしれんぞw

477ジャンキー大山2017-07-24 18:52:42

hhttps://www.youtube.com/watch?v=Isj5Nz-oEZk

4792017-07-24 20:49:27

>>477  回りが大変です。間違えました。ジャンキーちゃんw

>>474

回りが大変です。

481神も仏も名無しさん2017-07-25 11:07:23

バービーちゃんにはジャンキー征伐を期待したい、いや、ジャンキーのヒステリーを発生させるのを。

538栄進2017-08-23 17:43:26

いや間違えました。

バラモン教がアートマン=我と間違った解釈をしていたのを釈迦がアートマンは我ではない、と正しい定義をしたです。

決して仏教はアートマンを否定しているわけではないんです。

パーピマンさまお返事まってま〜す(´・ω・`)ノ

539神も仏も名無しさん2017-08-23 18:02:14

>>538

吹いたw

無(非)我を説く仏教が「アートマンは我ではない」って言うのかw

例えて言うなら、所有概念が無いのに「それは私の持ち物ではない」と言ってる様なもんだぞ?

(そもそもこのロジック自体分かるのか?・・・)

541栄進2017-08-23 18:21:56

>>539

分かるようで分からん(´・ω・`)

そもそも無我が私と言う概念がないという定義なら

「それは私の持ち物ではない」という言葉は出てこんと思うよ。

でも釈迦は無我なのに私はこう思うって相手に説法したんでしょ。

この矛盾。

542神も仏も名無しさん2017-08-23 18:27:56

>>541

>「それは私の持ち物ではない」という言葉は出てこんと思うよ。

その通り。

543神も仏も名無しさん2017-08-23 18:33:25

>>541

>でも釈迦は無我なのに私はこう思うって相手に説法したんでしょ。

>この矛盾。

これ、まさにこれ!

禅宗でいうところの「無」なんですよ。

絶対矛盾的自我同一、真空妙用・・・

これ、透れば見性ですよ。

でも無理されないで下さい。

544栄進2017-08-23 18:37:11

>>542

んじゃ悟ったら沈黙しろと?

釈迦はなぜ沈黙しなかったんですか(´・ω・`)?

546栄進2017-08-23 18:53:57

>>543

>>絶対矛盾的自我同一、真空妙用・・・

いや、無理、意味わからへん(´・ω・`)

545ジャンキー大山2017-08-23 18:52:11

>>544

口があるからでしょw

550神も仏も名無しさん2017-08-24 00:02:02

人間の成長(経験)も、

実は、【日々絶え間ないプログラミング】 と見做せないこともないわなw

555栄進2017-08-24 11:30:43

>>549

認めますね。

将来、人間は肉体を捨てAIにとって代わられると思います。

ほんで仏教徒のAIも、我を無くす我執を無くす修行をするんだと思います。

>>550

そうですよ。

人間は自我をもったアンドロイドでありレプリカントです。

今は人間からAIに進化する過渡期です。

(´・ω・`)

558神も仏も名無しさん2017-08-24 12:48:38

言葉としてのアートマンは「自分」「自己」「我」という意味を持つが、

ブラフマンと一体であるところのアートマンには、記憶や認識、思考といった

一般的に「自己」と聞いて思い浮かばれる物を構成する要素を持たない。

肉体や精神をアートマンとみなすことは無明(無知)によるものであり、真理ではないとされる。

人格的要素を持たない、という意味で他文化における「霊魂」とも異なる。

561栄進2017-08-24 13:00:17

>>558

助け船どうも。

そうです。

お釈迦様はアートマンについて正しい解釈をヴェーダから学んで誤った見解を正したまでです。

・・・と鬼和尚が言ってました(´・ω・`)

591パーピマン2017-08-24 23:59:38

さて、前置きが長くなってしまったがw

→「Aさんが、『我などない』 と発言したことに対して、(全く無我を理解してない有我論者が必ずいう台詞w)

≪我などない  と 言ってるのは誰?w≫  ・・・・・・wwww

「我などない」 と発言したのは、→「世俗的に言えば」  『Aさん』 なのw

んなことは、小学生でもわかるのw

しかし、仏教的に言えば、 そもそも、Aさん 自体に「我」などないわけw

Aさん なんて、単なる原子の集合体。それが、その集合体維持のための内的活動の一つである「精神作用」

によって、「自分というものがあると思い込んでいる」に過ぎないわけw  (いわゆる「無明」ってやつが原因ねw)

極論すれば、

「風が木の枝にあたって、音が出る」のと

「Aさんが、発声機能を使用して、音声を発する。」・・・・・どちらも、「空気が振動した」

というだけの「現象」ww    どちらも、ただの現象に過ぎないわけw

(仏教的に表現すれば、「縁起によって起こった現れ」ねw)

ところが、有我論者は、このAさん だけは特別扱いして、そこに「Aさんを成立させている」何か・・・

すなわち「我」を設定するわけだw

600神も仏も名無しさん2017-08-25 01:20:03

>>591

「人間はね(恐らくは他のすべての動物も)、その

「原子の関係的集合体」を、「実在」「物質」と

呼ぶのだよ。釈迦は、自分が「人間」であることを

忘れていたようだw。

592パーピマン2017-08-25 00:02:00

発言の内容などはどうでもいいのw  「我はある」と言おうが、「我はない」と言おうが、どっちでもいいわけw

要は、→「発言という果」 に対する「因」・・・・この「因」を「Aさんという基体」と捉えるのか

あるいは、「Aさんという名称で呼称している単なる現象」と捉えるかの違いさw

前者のように世俗的視点から捉えるのも、勿論ありだが、仏教はそれとは異なる視座も提示してくれる・・・

すなわち、「発言者たるAさん」を「発言を行った基体」と捉えるのではなく、「発言という現象が起こった因・・・・

存在ではなく、あくまでも一つの現象」 と捉えること。  そういう視点さw

人間を「存在」と捉えるのではなく、「現象」として捉えられるか・・・・ここがポイントでしょ?

さて、どうかな? 出来るだけ仏教用語は使用せずに、「文字表記」において

(超初心者用に)無我を説明したつもりだが、まずいかい?ww (まあ、外道のすることだからww)

相衣性とか自性の欠落とか・・・・そういうのは、またいつかww

601パーピマン2017-08-25 01:23:48

>>600

wwwwwwwwwww

ありゃ?? もしかして、隠居か?w

602神も仏も名無しさん2017-08-25 01:37:04

>>601

お盆だから、人並みにこの世に帰っているw。

セブンさんは、まだあの世か?w

603神も仏も名無しさん2017-08-25 01:58:55

君は、君は君のカーちゃんの

豊満な白い肉体を、単なる現象

だととして抱くのかw。そんなこ

とはない。現象どころか、実在そのもの

してとしてだ。釈迦も例外ではない。

604パーピマン2017-08-25 02:09:20

>>602 wwwwwwww

セブンもときどき、書き込み入れるw

>>603 お前はホント、変わらんなw

まあ、最近は仏教スレも「観念バカ」ばかりになってたので、反ってお前が

新鮮に見えるわww

651神も仏も名無しさん2017-08-26 01:55:46

wwwwwwwwwwww

はいはい、そうだねw

わかったから、早く消えてねw

652神も仏も名無しさん2017-08-26 02:02:05

>>651

認めたのならお前が消えな。

なんちゃって覚者はこのスレにいらないのだからなw

653パーピマン2017-08-26 02:06:11

>>652 ここはオレが立てたスレなのw

テンプレも読めないくらいバカなの?wwww

654鬼和尚2017-08-26 02:07:32

>>653 おまえさんが、パーピマンか

677神も仏も名無しさん2017-08-27 01:03:11

近すぎて見えないのかも。

余りにも身近過ぎて。

あまりにも当たり前過ぎて。

成という字は完成してるという意味付けのようです。

何をどうする必要もなく完璧だと。

子どものころ、

完壁と勘違いして覚えてたなぁ。

679パーピマン2017-08-27 09:32:44

一つ、思考実験をしてみようか?w

今、AさんとBさんがいる。

Aさんの脳をBさんと入れ替える。 ・・・さて、Aさんと言えるのは、

Bさんの脳を持つAさんの身体

Aさんの脳をもつBさんの身体

どっち?w    どっちがAさんだ?ww

681神も仏も名無しさん2017-08-27 12:12:32

>>679

脳が我はAさんであると認識する主体であるならば答えはであります。

仏教では我という主体をたてない。

よってAさんもBさんも存在しない。

存在するものは、無=否定によってのみ表される全てにある原理であります。

それがアートマンです。

もちろんアートマンは主体ではありません。

683パーピマン2017-08-27 12:33:45

>>681 そうじゃなくてね、・・・・仏教的な視点は、まだおいておこうw

それ以前に、我々が通常、「わたし」と認識するのは何か? と言う考察さw

682因縁果2017-08-27 12:26:53

ほほう^ ^

脳ではなく記憶を入れ替えたらどうなる^ ^

967神も仏も名無しさん2017-11-26 17:19:59

ジャンキーの珍文章参照

681junkie-ooyama2017/11/26(日) 08:39:02.75ID:9vJEjF8p>>682

>>677

おい、クソ野郎!

てメェのケツの穴に火炎瓶ぶち込んで、口からゲバ棒突っ込んでやるか?

あ?

首輪を着けて皇居の周り一周して、締めは靖国でチンポを切り取って口に咥えさせ斬首だなw

日本人舐めんなよ、クソ野郎!

682junkie-ooyama2017/11/26(日) 09:04:57.75ID:9vJEjF8p

>>681

日本会議が巷で話題になってるけど、その前身の日本を守る会は、某禅僧が主導になって結成された因縁がある。

まぁ禅僧にも、今上天皇のご学友でありながら、北朝鮮に行って讃えたり、九条の会をやってる糞脱税野郎もいるけどなw

978junkie-ooyama2017/11/26(日) 00:25:39.85ID:U71+sxI1

こじさんの言う通りだよ。

その場限りの喜怒哀楽。

聖者ぶって感情を抑えるのは邪悪かもな

685神も仏も名無しさん2017-08-27 12:54:30

>>683

それは私のものである、という認識ですかね。

身体はわたしのものである。

財産はわたしのものである・・・

所有という概念でしょうか?

687パーピマン2017-08-27 13:06:39

>>685

単純に、どちらがAさんと言えるのか?と言う問題さw

688神も仏も名無しさん2017-08-27 13:11:16

>>687

やはりAさんの脳を持つであります。

「わたし」と認識するのは脳であります。

690パーピマン2017-08-27 13:21:50

>>688 そうw

普通の人は、大体、を選択するんだw

こういう設定って、漫画や小説にも、よくあるやつで、大抵をAさんとして

物語が展開する。

通常、「自分」・・・・または、「Aさん」のように「個人」としての存在を認知するとき、二つの要素が必要とされる。

1⃣ 記憶の連鎖、および、それに付随する「認識、判断、感情などの精神作用の傾向性」

2⃣ 身体の空間的連続性

・・・・・この二つがそろっているとき、「自分と言う自己認識」または、「〜は、Aさんである」 という他者認識が成立するわけ。

上記の思考実験は、1⃣と2⃣が分離してしまったとき、どちらを優先させるのか?

・・という問題さ。 そして、多くの人がを選択するのは、「身体よりも、記憶などの精神作用を個人決定の要素」として重視することがわかる。

691パーピマン2017-08-27 13:26:02

では、さらに話を進めて・・・・・

今、Aさんの脳だけを培養液の中で存続させている。

そして、特殊な装置を媒介として、その培養液中の脳とコミュニケーションが可能

である。

・・・・・この 「脳」 だけの存在を果たして、Aさんと 認めるか?

YES?  NO? ww

693神も仏も名無しさん2017-08-27 13:34:58

>>691

YESであります。

704パーピマン2017-08-27 14:42:46

>>693 だねw  オレもAさんと、考えるなw

だが、相似率はかなり落ちてきた。

それでは、今度は、Aさん自身の脳ではない。

未来のスーパーコンピューターだ。

これにAさんの脳の全ての情報を分子レベルで転写する。

分子レベルでの転写だから、記憶を初め、全ての機能はAさんの脳と変わらない。

つまり、スクリーンで隔てて、コミュニケーションをとると、Aさんと話しているのか、コンピューターと話しているのか? の区別をつけるのは不可能。

唯一の違いは、それが有機物で構成されているのか(Aさんの脳)、無機物で構成

されている(コンピューター)のかの違いだけ。

・・・・・・・さて、これはAさんといえるか?

YES?  NO? ww

706神も仏も名無しさん2017-08-27 15:20:16

>>704

>唯一の違いは、それが有機物で構成されているのか(Aさんの脳)、無機物で構成

>されている(コンピューター)のかの違いだけ。

またまたw

他にも違いはあるだろ

成仏できるのかどうか?

解脱できるのかどうか?

それ以前に自分でほっぺたをつねって痛いと感じられるかどうか?

とかさ

設定が大雑把すぎるw

707神も仏も名無しさん2017-08-27 15:31:51

>>704

う〜ん、しかしたとえコンピューターだとしても、自分をAさんだと認識してる以上、

それはAさんと言えるのではないか。

答えは、YESであります・・・

722神も仏も名無しさん2017-08-27 20:49:47

コンピュータ頭脳の話の続きはこちらで?

人工知能で自我・魂は作れるか?2AI ©2ch.net・

hhttp://rio2016.2ch.net/test/read.cgi/future/1500306941/

723神も仏も名無しさん2017-08-27 20:59:18

>>722

人工知能では、アリンコ一匹の

生命も作れない。

728神も仏も名無しさん2017-08-27 21:19:39

苦しみでしかない五蘊の集積である生命を有り難がることは

仏陀にもないし、龍樹にもないし、その弟子にもなかった。

生は苦であるがゆえに、あらゆる方便を用いて、衆生に輪廻を厭逆すよう導かれた。

ゆえに隠居の主張は単なるドグマにすぎない。

732神も仏も名無しさん2017-08-27 23:14:12

>>728

「如来の本性であるもの、それ

がそのまま生類の本性である」。

「生類の本性」とは、「生命」以外

にはない。中論は、一番大切な

ことを、こうやってきちんと決めている。

釈迦には言えない言葉。

747神も仏も名無しさん2017-08-28 08:33:15

苦しみばかりの生を維持するために、悪を為して苦しみ続ける。

この苦しみの輪廻から解脱するための教えが仏教である。

だから生きてるうちに、煩悩や欲望を無くす努力をすることが大事。

生きること自体が煩悩や欲望を持ってることになるんだけど

欲望や煩悩を無くす努力も生きているうちじゃないと不可能。

必ず来る死までに欲望や煩悩を無くしてしまえば

苦しみの輪廻から解脱できるということ。

748神も仏も名無しさん2017-08-28 09:03:29

生の喜びは脆弱なんだよ。

次の瞬間に苦に苛まれるような脆弱性を持つがゆえに、取るに足らない。

例えば赤ん坊が生まれて喜んでたら、思春期になって親をうざがったり、生意気な口を聞くようになり、何事もなかったかのように家を出ていってしまう

或いは引きこもりになって、親のスネをかじっている中年ニート。

頼むから出ていってくれと親は切に願うようになる。

かつて目に入れても痛くないと喜んだ子供が、邪魔者でしかなくなる。

幸運にも孝行息子にそだったとしても、死によって物凄い悲しみにうちひしがれる。

これが凡夫が喜びだと勘違いしている生の実状。

750神も仏も名無しさん2017-08-28 09:42:53

>>747

>>748

それらが現実なら、いくら足掻いても

仕方が無い。

如何なる現実に直面しても、平常心を

失わずにそれを受け入れ、その中に

いくばくかの平安と価値を見出せることを

「悟り」と呼ぶ。

苦楽は相対概念。苦があるからこそ、

楽がある。楽だけの世界は、苦だけの世界

と同様の地獄である。

悟った大乗教徒なら、このように説くのでは

ないかな。

754神も仏も名無しさん2017-08-29 01:14:41

仏教はニ諦を説く。

苦や楽、喜怒哀楽などは世俗諦の話であり本来は無分別なものに敢えて呼称をつけ識別させたものである。

勝義諦ではこれらは虚妄であり無相(無自性)でありつまりは空であるので識別はない。

真理は無苦集滅道なのである。

この二諦を知らず世俗諦のみで仏教の矛盾を指摘しそれを修正する

「僕の考えた最強の仏教」をしたり顔で語るなんちゃって覚者がこの板には多すぎるな。

756神も仏も名無しさん2017-08-29 03:48:21

>>754

釈迦は、「苦の滅」という「世俗の

問題」を説いている。それとも、

彼のいう苦とは、彼のうつ病の

症状としての苦なのか?

758神も仏も名無しさん2017-08-29 08:52:24

>>756

苦の滅は「苦を感じる自分には実体がなく本当はいない(無我)」という観察を完成させれば苦は滅する。

自分がいるというのは錯覚でありこの錯覚している状態を無明という。

759神も仏も名無しさん2017-08-29 12:06:20

>>758

「我はいない」と考えているのも

脳の働き。いるかいないかは、

ほっぺを抓ってみるだけで分かる。

麻酔かけないで手術したら、釈

迦も苦痛で狂い回るぞ。残酷な

ことは止めよう。

775美魔女2017-08-30 14:12:11

>>774

バカね!

苦しみからの解放を解いてるのに笑

780神も仏も名無しさん2017-08-30 20:04:05

wwwwwwwwwwwwwww

一切皆苦、中道、こういった認識や表現は世俗諦によるものなのww

勝義視座では一切皆苦や中道、無我を認識する

「主体」そのもの……がないので

誰それのAいう主義主張とBという主義主張は相反しているという突っ込み自体に意味がないのさww

少しは仏法認識ついて勉強してから書き込んでくれ

こういう低レベルな書き込みでスレが流れて

新しくスレを立てるのは大変なんだからさwww

784神も仏も名無しさん2017-08-30 23:24:48

>>780

認識する主体がないのに、仏教では

では、何故膨大な仏典があるの

かね。誰のため何のため?言語とは、

世俗が世俗を理解するために

発生した、世俗の最たるものだよ。

最も滑稽なのは、釈迦が己の我を

以って無我を説いたこと。小学生

にでも分かる論理矛盾である。

788神も仏も名無しさん2017-08-31 00:48:18

>>784

認識する主体がなくても、因縁仮和合したものが感覚器官を通じて認識するんだけど?

790神も仏も名無しさん2017-08-31 01:33:41

>>788

いつも思うのだが、「仮和合」と

いう言葉はおかしい。

「仮和合」とは「本和合」の存在

を前提とする。

両者は、どう違うのか。「和合」

であるこには、変わりあるまい。

873おじゃる? ◆Ozyaruuowd4U 転載ダメ2017-10-08 12:08:13

hhttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%AD%E3%83%A4%E5%AD%A6%E6%B4%BE

サーンキヤ

永遠に変化することのないプルシャ

プルシャの観察(観照、関心)を契機に平衡が破れると、プラクリティから様々な原理が展開(流出)してゆく

http://☆mi☆tsu☆nako☆udai.blog.fc☆2.com/blog-en☆try-160.html

古代エジプト 魂

…カーを原型にして、その人固有の身体と人格が形作られている

生きている間は、カーが主体となって、その人の精神的活動を行う

「自我」や「エゴ」というものは、カーの働きによって形成されている

hhttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%84%A1%E8%A8%98

阿頼耶識 − さとりに達するための修行の障害がない

末那識   − 我癡・我見・我慢・我愛の四つの煩悩をしたがえており、障害がある

中論 第二十六章 十二の鎖の環(十二因縁/十二縁起)の考察

無明に依存して

渇愛(タンハー)に依存して

誤ったあり方を掴んで離さないような固執が現れる

hhttp://www.onedhamma.com/?p=6349

無為の世界を納得できないのは、やはりエゴに邪魔されている為なのか?

たとえば、おじゃるの場合は、無明と我愛に依存して

それゆえに >>827 >>828 は無理なので おじゃる m(_ _)m

851神も仏も名無しさん2017-10-05 00:17:20

さて・・

「仏教」が継承されるとはどういうことか?

*勿論そこには、

「仏教」が継承されるということと「仏法」が継承されるということとの違い

も、吟味されねばならないわけだが、どちらにしても↓

継承するために、

現代社会・行政・世相・未来志向の価値観、

個人の権利・尊厳・自由意志、社会的相関関係・しがらみ

に阿諛しなけれならないのが、——もっと言い換えれば——

非世俗で有り続けるために世俗化せねばならない状況に、現代日本仏教は陥っているわけで。

なんという劇的な矛盾www

855神も仏も名無しさん2017-10-06 09:09:23

江戸時代の真言宗の慈雲尊者は、日本ではまれに見る仏教徒だった。

戒律を徹底して守られていた。

宗派関係なく三宝に帰依し、戒律を守ってる者が真の仏教徒と言える。

857神も仏も名無しさん2017-10-06 13:56:20

>>851->>855

空想的内容が多すぎ、

850のバービーの文章なら意味は理解できるが、

858神も仏も名無しさん2017-10-06 18:21:58

>>857

薬飲め、でおー。

868パーピマン2017-10-08 03:34:28

柚子森 って誰だい?w

コテつけてるのかね? その人は。

870神も仏も名無しさん2017-10-08 09:27:57

>>868

パーピもやられたね笑

もしかして柚子森知ってないか?

絡んだことあるかもよ

とにかく悠々してて話も面白い

ロンには嫌われまくってる笑

869宝珠真範@迦楼羅 ◆9XuF3XEACk 2017-10-08 05:47:56

>>864追記:

仏教というものは、

それが説かれた年代と地域と時代背景を考慮しなければならないと思う。

つまり、もしも現代日本においてゴータマがいたのならば、

果たしてどのような教えが説かれただろうか? ということ。

ゴータマの対機説法は当然、きっとまた違った教え方をされたに違いない筈です。

当時の古代インドでの教えとは異なったものとなる、と。

871パーピマン2017-10-08 09:42:21

>>870

wwwww

わからんw

最近は、鬼スレ殆どいかないんで、住人がわからんw

955パーピマン2017-11-25 12:28:59

道元禅の難しさは、本覚と始覚の両方を共に、否とするところなんだが・・・・

さてw どうなんだろう?

982おじゃる? ◆Ozyaruuowd4U 2017-12-06 04:17:06

>普通に述べてもらわないとわかりません

たとえば

上座部系とかの呼吸の観察を

どこの誰の視点から

善悪の判断を交えることなく

客観的に観察するのか?

たとえば

仮設としての

我癡・我見・我慢・我愛を前提とした視点から

善悪の判断を交えることなく

客観的に観察するのか?

− これを対処するために −

自在力・神通力を具現化させる

四如意足の

如来の智慧と慈悲によって

般若の智慧によって観照された → 思惟観察をするのか?

という質問でつ

hhttp://www.geocities.jp/bodaijubunko/h/paauk.jhana.htm

第一禅定  ヴィタッカ(尋)

どこかへ飛んでいってしまう心の働きを集中対象である呼吸に戻してくる要素

(無明している世界を手放して → 般若の智慧に戻る帰る要素)

般若の智慧の世界からの → 止(シャマタ禅定)・観(ヴィパシヤナ智慧)

983おじゃる? ◆Ozyaruuowd4U 2017-12-06 17:01:11

>>982 の補足の参照資料として

hhttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%81%E3%83%A3%E3%82%AF%E3%83%A9

チャクラ(chakra)

どこの誰が主体となって

眉間にある第6のチャクラが観照されるのか?

宇宙に満ちている根源的エネルギー(般若の智慧)によって観照された

第6のチャクラは → 眉間のところがくすぐったい?

hhttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8A%A0%E6%8C%81

加持(かじ)

どこの誰が主体となって?

如来の大悲・大智によって衆生に応じる

衆生がそれを受け入れる

無為法の世界からの → 有為法の世界への

双方が相応一致して

死後の成仏をはじめとする各種の効果を成就させる

hhttp://www.nhk.or.jp/special/stress/02.html

マインドフルネス

どこの誰が主体となって

何か雑念が出てきたことに気づいても

その辺りに漂わせておくようにして自然に消えていくのを見届けるのか?

hhttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%82%AB%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%82%B0

フォーカシング(焦点合わせ、Focusing)

どこの誰が主体となって

まだ言葉にならない意味のある感覚(フェルト・センス)に注意を向けるのか?

どこの誰が主体となって

胸の奥や腹の底など身体の中心部分にぼんやりと注意を向けるのか?

985宝珠真範@迦楼羅 ◆9XuF3XEACk 2017-12-07 02:24:40

>>982

仏教の数息観や呼吸法、瞑想についてはセブンに聞いてください。

>どこかへ飛んでいってしまう心の働きを集中対象である呼吸に戻してくる要素

数息観が想念活動を制御するものだと思います。

ヒンドゥー・ヨーガの「ホーン・ソー」行法、「ソー・ハーム」呼吸法も類似のテクニックですが、

呼吸集中に併用してマントラム効果を利用するところがポイントとなっている。

また、マントラム「オーム」を用いて、眉間のアジュナー・チャクラに意識を留める手法は、

想念活動の影響をまったく受けない別次元へと自動的に意識を移行してしまうという優れたテクニックです。

>>983

>どこの誰が主体となって

難しく考え過ぎです。

それは訓練を実修する「自分」に決まっています。

風呂に入ったり歯を磨いたりする「自己」をこの修錬に充てるということ。

“注意を向ける”のはこの日常意識です。磨くべきは日常意識であって、

「真我」は無始の最初から瞑想状態、或いは瞑想不要状態です。

986おじゃる? ◆Ozyaruuowd4U 2017-12-07 02:41:17

>>985

>マントラム「オーム」を用いて、眉間のアジュナー・チャクラに意識を留める手法は

>想念活動の影響をまったく受けない別次元へと自動的に意識を移行してしまうという優れたテクニックです

ご教示ありがとうございます

これからまた一段と寒くなって来たので

風邪などを引かぬよう

バラモン(ヒンドゥー)のことも仕事のことも頑張って下さいませ

hhttp://www.j-theravada.net/3-jihi.html

生きとし生けるものにも

光り輝いている

如来の大悲・大智によって

般若の智慧によって観照された

実相般若が現れますように

ブッダン・サラナン・ガッチャーミ

一切の如来の御足を礼拝し奉る

オン サラバ タタギャタ ハンナマンナ ノゥ キャロミ m(_ _)m

987宝珠真範@迦楼羅 ◆9XuF3XEACk 2017-12-07 02:57:33

>>986

>頑張って下さいませ

ありがとうございます。

共に頑張りましょう!

988トキ和尚2017-12-09 19:16:13

>>987

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする